適切な治療法を知るには病気を知ることが大事

サイトメニュー

医者

新しいうつ病の特徴とは

反復性うつ病は、うつ病の症状を短期間のうち繰り返して発症してしまう病気です。普通のうつ病と同じく、ストレスが原因とされています。抗うつ剤が効きにくいため、気分調整剤や医師とのカウンセリングを通じて根気強く治療を行っていくことが重要です。
診察

病気をしっかりと治す

反復性うつ病の原因は、自律神経のバランスが崩れていることです。この場合、状態が良くなることと悪くなることが繰り返されるでしょう。クリニックを利用する目的は自分自身で気づきを得ることです。カウンセリングの上手なクリニックに通うことが必要です。

詳細を把握する

医者

どんな病気なのか理解しよう

うつ病といってもその種類はたくさんあります。あまり広く知られていませんが、その中の一つに反復性うつ病というものもあるのです。これは簡単に言うと気分のムラが激しくなる病気です。さっきまで元気で明るかったのに、ちょっとしたら気分が落ち込んで暗くなっていたということがあります。このような様子を見せられてしまった周りの人は、どう対応していいのか分からなくなってしまうことでしょう。病気だと判明していなければ、ちょっと変な人だと思われてしまうかもしれません。まず、この病気をきちんと理解することが大切です。病気をよく理解できれば原因についても考えられるようになります。どういうタイミングで反復性うつ病の症状が出てしまうのか、原因を探ってみましょう。もちろん素人考えで簡単に治療ができるわけではありません。まずは適切な科を受診することになります。反復性うつ病に詳しい心療内科や精神科を受診しましょう。そこではカウンセリングを受けることになります。その時にもいつ頃からどんなタイミングで症状が出るのか聞かれることになるため、自身で振り返っておくといいかもしれません。メモにして持参しましょう。自分で分からない場合には身近な人に聞いてみるのもいいかもしれません。

反復性うつ病はなかなか自力で治すことはできないので、心療内科や精神科を受診するのが一番です。ところが、自分でも気づけない病気でもあります。どちらかというと、周りがちょっとおかしいと感じて心療内科や精神科へ連れて行き、そこで病気だと判明することが多いのです。周りが気づく理由としては、明らかにおかしい行動を取るところにあります。この病気の人はちょっとした変化に見舞われることが多いのです。例えば、明るく元気に過ごしていたところその10分後には気分が落ち込んでいたというように、気分にムラが出るところ特徴的です。周りからすると何か機嫌を損ねることを言ってしまったのではないかとハラハラしてしまうことでしょう。原因が分からないことで、周りから距離を取られてしまうことも少なくありません。急に友達が居なくなったり、周りから人が離れてしまったりする原因として、反復性うつ病が挙げられることもあります。いち早く病気に気づいて治療を受けるためには、自身が気づくことは難しいことから周りに委ねるしかありません。なぜこの人は気分にムラがあるのか、病気なのではないかと疑うこともあるでしょう。さり気なく心療内科や精神科を受診するようにすすめてみるといいかもしれません。

ハートと聴診器

正しく理解して正しい対処

反復性うつ病の主な原因はストレスですが、早期に正しく治療を開始することで軽度なうちに改善することも十分期待できます。再発を繰り返さないように、もし異変を感じたら医師に相談するようにすると、早期治療がしやすくなります。
困っている人

双極性のある病気

反復性うつ病は反復性の高いうつ病であるため、長期的な治療が必要となります。また、この病気の原因と考えられているのはストレスであり、長い間ストレスに晒されることで症状が悪化してしまうことがあるとされています。