適切な治療法を知るには病気を知ることが大事

サイトメニュー

新しいうつ病の特徴とは

医者

気分の変化を繰り返すうつ病

現代人はストレスを抱えやすく、うつ病になりやすいと言われています。うつ病には様々な種類がありますが、中でも厄介なのが反復性うつ病という種類です。反復性うつ病は、頻繁に気分が変化していくというのが特徴で、症状が良くなった途端また症状が出る、といったことを繰り返します。通常うつ病は、3か月〜1年程度症状が持続しますが、反復性うつ病の場合は2週間程度と短いです。周期が短いと、生活サイクルが崩れやすく、それによって身体的負担も大きくなってしまいます。うつ状態と高揚状態を繰り返す双極性障害にも似ていますが、双極性障害に比べると反復の頻度は少なく、また明らかな高揚状態は見られず、その部分が大きな違いと言えます。反復性うつ病になってしまう原因は、通常のうつ病と同じくストレスとされています。なぜ反復してしまうのか、という部分は不明確な点も多く、ハッキリとした原因を断定は出来ません。ただし、ホルモン分泌や睡眠時間が関係しているのでは、という研究もなされており、現在も探求が続いています。気分が落ち込む、絶望を感じる、自己肯定感が低下するなどの症状が見られた場合は、すぐに心療内科や精神病などへ行きましょう。うつ病は、早期発見、早期治療が大切です。

では、反復性うつ病の治療はどのように行っていくのでしょうか。通常、うつ病の治療は抗うつ剤と呼ばれる投薬治療が主となります。しかし反復性うつ病は抗うつ剤への抵抗力も強く、薬が効かず治療が困難という特徴があります。そのため、医師によるカウンセリングを増やす、気分調整剤などを試しながら少しずつ気分の変化の頻度を減らしていく、といった方法が有効です。しかし、通常に比べ治療に時間がかかることは事実です。治療が長引くとそれだけ患者の負担も大きくなってしまいますが、様々な方法を試しながら、根気強く治療を続けていくことが重要です。また、うつ病とうつ病の間の期間は、症状が出ず完全に元気になっていることがほとんどです。この期間の過ごし方も重要で、出来るだけ外に出て空気に触れる、乱れた生活サイクルを出来るだけ通常に戻す、といった行動を心がけると良いでしょう。元気な期間が長くなればなるほど、体調も良くなり治療は上手くいっていると言えます。原因がはっきりわからない厄介なうつ病ですが、根気強い治療と努力を続けていけば、必ず症状は改善していきます。また、原因と考えられるストレスに心当たりがある場合は、ストレス発散の方法を確立することも大切です。