適切な治療法を知るには病気を知ることが大事

サイトメニュー

病気をしっかりと治す

診察

特徴と利用する目的を考えよう

うつ病にも様々な種類がありますが、なかなか厄介なのが反復性うつ病と呼ばれるものです。通常のうつ病の場合は、状態が一時的に良くなれば快方に向かってきますが、反復性うつ病の場合はそのようなことはありません。そもそも、うつ病の状態と通常の状態が交互に訪れるため、いつなおるのかわかりにくいのが特徴になります。そのため一回反復性うつ病になってしまった場合には、状態が良くなったからといって油断せずに治療する必要があります。状態が良くなってしまった場合に治療をやめてしまうと、再び悪化する恐れがありますので、注意をしなければならないところです。どのようなことが原因になっていること言えば、精神的なバランスが整っていないことです。特に緊張した状態が続くような環境にしばらくいると、交感神経の方が副交感神経に比べて優位になる恐れがあるため、結果的にファン特性うつ病になりやすいといえるでしょう。このような状態が罰するためには、原因を明確にすることが重要になります。少なくともの特性うつ病の原因とも言える緊張した状態が長く続くようであればその状態から脱することが重要になります。すぐに会社などを辞める必要はありませんが、少しずつ離れるようにしておくことも大事です。

反復性うつ病になった場合においては、原因を追究することももちろん重要ですが、原因を追究するだけでは根本的な解決にはなりません。そもそも、自分を追求するのはとても難しいことです。もし初めから原因を追究することができるならば、すでにファン特性うつ病の状態は完治されている可能性が高いです。しかし実際には、反復性うつ病の状態が改善されず、つらいかもしれません。このような場合には、心療内科や精神科などに通った方がよいといわれていますが、そもそもこの二つの違いはなんでしょうか。基本的に心療内科は精神病が体の表面や認識できる状態をいいます。例えばうつ病が原因により腹痛になってしまった場合などは、精神内科を選ぶ必要があります。これに対して、精神科を選ぶ場合には表向きには何の症状が出ていない場合です。腹痛や頭痛そして発熱などの症状もなく、腰痛などの状態でもない時は、精神科に行くのがよいです。このように本来ならば使い分けをする必要があるところですが、もし自分の状態がわからなければとにかくどちらに行っても解決をすることは可能です。カウンセリングを利用するのも、重要なものの一つです。この場合利用する目的をよく考えておくべきです。