適切な治療法を知るには病気を知ることが大事

サイトメニュー

双極性のある病気

困っている人

感情の浮き沈みが見られる病気

感情の浮き沈みが見られる病気が反復性うつ病です。この病気にかかってしまうと、頻繁に気分が変化することから生活が乱されてしまうことも多いです。双極性障害に比べると程度は低いものの、感情の浮き沈みが激しい病気であるため、実生活に影響が出ると言わざるを得ないのです。主な原因として考えられるのは、ストレスの多い生活を送り続けることにより自律神経が正常に働かなくなるということが見られるようになるのです。仕事でストレスを感じる環境に長い間身を置くことで、精神的な負担を感じるようになり、結果的にうつの症状が現れるようになってしまうのです。反復性うつ病の場合、治療方法は一般的なうつ病とは違いはありません。カウンセリングをはじめ、投薬治療を受けることで徐々に回復に向かうことがあります。ただし、反復性の強い病気であるということから、治療までに時間がかかるのが特徴です。うつ病が治ったと感じたらまたぶり返してしまうという特徴があることから、予断の許さない時期が続くことがあるのです。治療のために必要なことは、反復性うつ病の原因とされるストレスの多い生活から離れ、精神を落ち着かせる生活を送るように心がけることが大切だとされています。

同じうつ病の中でも反復性の高い症状が特徴であり、そのために、継続的な治療が必要なのが反復性うつ病なのです。この病気の場合、短期的であっても治った状態の時には完治に近い状態に置かれることになります。そのため、反復性うつ病はどの段階で完治をしたかどうかということは判断しにくいため、完治をしたと見られたとしても継続的に通院をしながら治療を受けることが必要になるというのです。そうした面においては、なかなか気を抜くことができない症状であると言えます。また、反復性うつ病の原因となるストレスに長い間さらされる事により、症状が悪化し反復性のあるうつ病を繰り返す原因になってしまうのです。そのため、ストレスの多い生活と距離を置くことでうつ病の治療につながるのではないかと考えられています。さらに、反復性うつ病はうつ病と同様に睡眠障害が現れるといいます。反復性うつ病の場合、中長期的な治療と診断が必要になるため、医師が反復性のあるうつ病であると診断を下すまでには時間がかかります。そのため、まずは腰を据えて治療に取り掛かることが何よりも必要とされることであり、じっくりと病気と向き合いながら精神への負担を取り除いていくことが重要です。