適切な治療法を知るには病気を知ることが大事

サイトメニュー

正しく理解して正しい対処

ハートと聴診器

早めの対処を

一般的なうつ病の場合は、投薬の効果が出ると少しずつでも症状が良くなっていくものですが、反復性うつ病はそうではありません。薬の効果が見られたとしても、すぐにその効果が減ってしまい、何度もうつ病の状態を繰り返してしまうことも少なくありません。人によっても症状は違いますが、抑鬱状態になったり、疲れやすくなったり、やる気がなくなったりという一般的なうつ病の症状とほぼ同じです。また双極性障害も症状を繰り返すものですが、反復性うつ病は双極性障害と比べると反復の頻度が少ないというのが大きな特徴です。原因として最も注目されているのがストレスですが、生活でたくさん原因となるストレスを感じるとこの症状が誘発される仕組みとなっています。症状は良くなったり悪くなったりとどうしても繰り返してしまいますが、正しく治療することによって次第に回復が期待できます。またなんらかの症状が出てきた場合はすぐに対処して治療を開始することで、症状が悪化してしまう前に改善が期待できます。反復性うつ病は何度も発症してしまう可能性がありますが、いつも出てくる症状などを把握していると、より病気に気づきやすいというメリットがあります。また投薬治療だけでなく休息も適切にとることによって、症状を次第に良くしていく効果が期待できるため、なるべく体や心の変化に敏感に対応するようにします。

反復性うつ病は、何度もうつの症状が出て来てしまうのが大きな特徴となっていますが、原因がストレスなので、できるだけストレスを溜めないように気をつけます。また原因をなるべく除去するだけでなく、必要に応じて投薬治療することによって、一進一退は繰り返したとしても、次第に症状が良くなっていきます。また、投薬治療はある程度の期間続きますが、症状が良くなったからと言って自己判断でやめてしまわないように気をつけます。薬は症状を軽くしたり良くしたりするだけでなく、良い状態を維持する効果も期待できるものなので、途中でやめてしまうのは得策とは言えません。また、反復性うつ病も他のうつ病と同じで再発する可能性がありますが、再発を繰り返すと次第に再発率が上がっていく可能性もあるので気をつけます。この場合、何か異変を感じたらすぐに病院に相談して様子を見てもらうようにすると、かなり軽度なうちに対処してもらうことができるようになります。うつ病などの症状自体は本人が気付く場合もありますが、本人ではなく医師でなければ気づけない場合もあります。したがって自分だけで判断してしまったりするのではなく、プロの指示を仰ぐようにするというのも、反復性うつ病を患った場合には気をつけたいことです。